スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四国遍路四日目 

第30番 善楽寺(ぜんらくじ)

土佐で最も古く
土佐国一の宮の別当寺として
神仏習合の寺院であった。

30番善楽寺_6634

明治の廃仏毀釈の難を受け
廃寺となり昭和に再興され
1991年第30番札所と定められたという。

30番善楽寺_6635

第31番 竹林寺(ちくりんじ)

高知市街を見下ろす
五台山の上に立つ寺です。

31番竹林寺_6638

仁王門までの石段の紅葉も
そろそろ終わりに近づき

31番竹林寺_6636

本堂も黄色い落ち葉に彩られていました。

31番竹林寺_6637


第32番 禅師峰寺(ぜんじぶじ)

こちらは運転手さんの地元♪
「峰寺」と呼ばれているそうです。

32番禅師峰寺_6641

土佐湾を見渡せる境内には
可愛らしいお地蔵さんが
置かれていました。

32番禅師峰寺_6639

微笑ましい

32番禅師峰寺_6640

第33番 雪蹊寺(せっけいじ)

4日目にして雨が降り出しました。

33番雪蹊寺_6642

「四国のへんろ道を世界文化遺産に」
という看板がありました。

12月なので歩き遍路の方は
少なかったですが
外国の若い方の歩き遍路姿には
何回も出会いました。

33番雪蹊寺_6643

第34番 種間寺(たねまじ)

安産の薬師さんとして信仰を集める寺です。

34番種間寺_6644

冷たい雨が降り続き
ろうそくに火をともす手がかじかみます。

34番種間寺_6645

第35番 清瀧寺(きよたきじ)

八丁坂のいう参道を上がると
本堂が見えてきました。

35番清瀧寺_6648

大きな薬師如来像の下で
胎内の108段を
「戒壇巡り」して厄を払います。

真っ暗闇の中で貴重な体験でした。

35番清瀧寺_6649

第35番青龍寺(せいりゅうじ)

青龍寺は
空海が真言密教を授かった
恵果和尚が住した長安の青龍寺に
倣った寺号です。

35番青龍寺_6650

遠く長安に思いをはせながら
滑りやすくなった石段を
一段一段上ります。

36番青龍寺_6647

第36番 岩本寺(いわもとじ)

四国霊場で唯一
五尊の本尊を安置しています。

38番金剛福寺_6661

不動明王
聖観世音菩薩
阿弥陀如来
薬師如来
地蔵菩薩

37番岩本寺_6651

本堂では
5つの真言を唱えることになります。

37番岩本寺_6652

第38番 金剛福寺(こんごうふくじ)

足摺岬をめざして走行中
車窓に「とまろっと」の標識が見えました。

21年前家族6人でキャンプをした
思い出の地です。

あのころみんな可愛かった

38番金剛福寺_6660

強い雨の降る中お参りですが
足摺岬観光の方々で
境内は賑わっていました。

38番金剛福寺_6653

亀の頭をなでて念ずれば・・・

38番金剛福寺_6659

新ロイヤルホテル四万十に到着!

新ロイヤルホテル四万十_6656

雨の中歩いた距離4.3Km


[2018/01/29 09:36] 四国遍路 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryupie428.blog3.fc2.com/tb.php/1895-c12b3c72


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。