スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

曲線は苦手&キウイの完熟 

合印をつけ細かく待ち針を打ちカーブを縫っていきました。

厚手の先染め布は滑らかなカーブにならず
コツがつかめないまま4枚終了・・・

キルト_509

リンゴとカキを入れて追熟すること3週間~

キウイ_508

甘酸っぱくて美味しいキウイになりました。
スポンサーサイト

[2012/11/30 08:01] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(0)

冬景色の額縁のように 

1枚の絵の周りに何種類もの三角や台形をつないで縫い上がりました。

お気に入りの木の柄のグレー系のベージュの布~
いつもはベースに使ったり引き立て役でしたが今回は主役です。

キルト_505

このパターンは「Victoria & Albert Museum Quilt」の四隅に配置されています。

キルト_506

そろそろキルトトップのゴールが見えてきました。

キルト_507

庭のウメモドキとノジギクと一緒に~
[2012/11/29 09:41] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(0)

ブルーアイスで作るサンタの森 

ブルーグレイの葉色が美しい針葉樹ブルーアイス~
小さな苗木が3年で2メートルを越すほどになりました。

ブルーアイス_500

ベースにブルーアイスの枝をさして赤いきらきらリボンやオーナメントで飾りました。

リース_502

ブーツに入った二人のサンタがリボンのブランコでぶらり~
未来の扉を開く金色の鍵がピカピカ光っています。

リース_503

ブルーアイスは香りが強く色褪せしにくいので長い間きれいなまま楽しめます。

リース_501

お部屋に小さなサンタの森が出来ました。

畑にはノイバラのローズヒップやナンキンハゼの実があります。
葉色の美しい木々と合わせてまたリースを作ってみたくなりました。
[2012/11/28 08:34] アレンジメント | TB(0) | CM(0)

最後のダリア&冬をイメージして 

畑では今年最後のダリアが咲いていました。

ダリア_491

ヒャクニチソウ~

ヒャクニチソウ_492

ボリジ~

ボリジ_494

スカビオサもそろそろおしまいです。

スカビオサ_493

トマトとピーマンはもうしばらく収穫できそうです。

トマト_495

冬をイメージして額縁のように縫いました。

キルト_496

これはまだまだ序の口~
この周りに怒涛のピースワークが続きます。
[2012/11/27 08:52] | TB(0) | CM(0)

ひとり紅葉ウォーキング&小さなピースをつないで 

晴れ渡った日曜日の朝~
カメラを持ってウォーキングに出かけました。

最初の1枚はほんの数十メートル歩いたところの色鮮やかなツタ。

つた_476

5分ほど歩くと車では通れない赤い橋があります。
この橋を渡ると私が生まれ育った町です。

旭橋_477

坂道を登り埋門くぐると

城門_479

鮮やかな紅葉が目に入りました。

城門_481

城跡に再建された本丸御殿~

城門_482

観光客にまぎれて歩くこと10分~
自然の作り出す美しさに圧倒されました。

モミジ_483

モミジ_486

モミジ_487

苔の上の落ち葉もきれいでした。

モミジ_485

1時間ほどのウォーキングで気分転換したあと小さなピースをたくさんつなぎました。

キルト_490

マス目をクレヨンで無心に塗る子どものように~

キルト_489

周りにはお気に入りのピンクの布を4種類~

キルト_488

布選びが楽しくなってきました。
[2012/11/26 08:38] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(2)

中庭で目を休めながら 

パッチワークの手を止めて中庭の空を見上げると錦秋が広がります。

中庭_473

モミジの下ではヒサカキが咲いて

ヒサカキ_472

センリョウが赤い実をつけています。

センリョウ_474

すっかりパッチワークモードに突入して

パッチワーク_475

1.3センチの正方形をピースワーク中です。


[2012/11/25 09:05] | TB(0) | CM(0)

赤い布でバラのパターンを 

ほんの数ヶ月パッチワークの教室に通ったのはもう2年前になります。
あのころきらきら輝いて見えて買い集めた布たち~

幸い「Victoria & Albert Museum Quilt」には当時の布が使われています。

パターンの縫い方も色合わせも迷いながら縫い始めると
習うことすべてが初めてでわくわくしていた自分を思い出しました。

バラのパターン_470

一番外の布色を決めかねていると

アンドレルノートル_471

庭のアンドレ・ル・ノートルがこの布にすればと教えてくれました。
[2012/11/24 08:45] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(2)

庭の紅葉&ダイヤと三角をつないで 

晴れ渡った晩秋の午後~
玄関に出てみると背中がぽかぽかしました。

モミジ_463

色づき始めたイロハモミジが秋の日に照らされています。

モミジ_462

ソロのオレンジ色や

ソロ_460

コナラの黄色はさらに深くなり
ソヨゴやダイスギやシラカシの緑と混ざり合ってきれいです。

コナラ_461

「Victoria & Albert Museum Quilt」の15センチ正方の図案は11種類~

ダイヤと2種類の三角をひたすらつなぎました。

ダイヤ_464

残り9種類4枚ずつこつこつ縫っていきます。
[2012/11/23 08:17] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(0)

赤い煙突と青い鳥 

朝は落ち葉掃除が日課となってきました。

イロハモミジはこれからが見ごろです。

もみじ_459

久しぶりのパッチワーク~

少し作業環境も整え縫いかけの布を探すと引き出しの中から
「ここにいるよ」とばかりに待ち針を打ったままの布が出てきました。

色あわせがしっくりいかず放り出したことを思い出しましたが
布たちに「おまちどうさま!」の気持ちでそのまま縫いました。

キルト_458

赤い煙突に青い鳥が一羽~

キルト_457

少しずつペースを取り戻して行けますように。


[2012/11/22 09:23] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(2)

そろそろね。 

冷え込む季節につぼみをつけてしまったバラを切ってくると
暖かい部屋の中で安心したように開き始めました。

バラ_455

作りかけの「Victoria & Albert Museum Quilt」掛けになっていた壊れた古いテレビ~
いろんな思い出が処分を遅らせていましたが思い切って買い換えました。

「いろんなことばをぜんぶ集めてありがとう!」

テレビ_454

いつからパッチワークの手が止まってしまったのかブログをたどるとなんと6月でした。

そろそろね。
針を持つ気持ちが湧いてきました。
[2012/11/21 08:05] V&A Museum Quilt | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。