スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薄紫の可憐な花たち&梅仕事 

山梨から連れて帰ったブルーレースと

ブルーレースDSC_2564

ゲラニウム・プラテンセです。

ゲラニウムDSC_2382

返り咲いているミスティパープル。

ミスティパープルDSC_2575

ラベンダー。

ラベンダーDSC_2572

何年も前に植えた野生化したようなアメリカンブルー。
こんな花を見ていると蒸し暑さを忘れます。

アメリカンブルーDSC_2569

梅をいただいたので下戸の長男のために梅シロップを作ろうと
階段下の物置で容器を探していると2007年の梅酒と2008年の梅酢が出てきました。

ぴとりんの親友Nさんから毎年送られてきた梅で作ったものです。

2007年にたくさんの梅酒をつけたので2008年は梅酢を作ったようです。
すっかり忘れてしまっていてさっさと天国に行ってしまったふたりに笑われそうです。

夏バテ防止に梅酢をソーダで割って飲みますね。

梅酒DSC_2587

梅シロップは殺菌のため少しの酢を入れて
早くできるようにグラニュー糖を使いました。

梅DSC_2555

1週間もすればおいしくいただけます。
スポンサーサイト

[2011/06/30 09:45] | TB(0) | CM(0)

朝の花仕事*ダリアをお部屋に 

午前中から梅雨明けしたような真夏の暑さです。

ダリアDSC_2466

畑には色とりどり形もさまざまなダリアが背丈ほどに伸びて咲いています。

ダリアDSC_2410 (2)

ダリアDSC_2409 (2)

ダリアDSC_2419

ダリアDSC_2416

ダリアDSC_2413 (2)

ガラスの花器を総動員して生けてみました。

ダリアDSC_2323

花DSC_2507

ダリアDSC_2312

ダリアDSC_2353

ダリアDSC_2309

ダリアDSC_2511

花DSC_2516

梅雨明けしたら草引きに加えて水遣りも大変ですが
お花に囲まれる幸せには代えられません。
[2011/06/29 10:52] | TB(0) | CM(0)

スーちゃんの野菜作り&6月下旬の野菜たち 

スーちゃんが収穫しているのはニンジンとカボチャですが
私もスーちゃんに負けず毎朝夏野菜の収穫に励んでいます。

スーちゃんDSC_2499

初めて植えたゴーヤの花です。

ゴーヤDSC_2434

トウモロコシは穂が出始め

トウモロコシDSC_2470

サツマイモはつるをどんどん伸ばしています。
秋の芋ほりが楽しみ!

サツマイモDSC_2478

地元野菜のアボシメロンや

アボシメロンDSC_2486

小玉スイカや

スイカDSC_2482

オクラや

オクラDSC_2476

黒豆のエダマメも実がつきました。

エダマメDSC_2492

カボチャはいつのまにかすっかり大きくなっています。

カボチャDSC_2483

食べられるようになったピカピカのピーマン

ピーマンDSC_2431

漬物にしても天ぷらでもおいしいナス

ナスDSC_2490

鈴なりのインゲン。

インゲンDSC_2479

そして今日の収穫はモロヘイヤとシシトウとインゲンです。

収穫DSC_2378

長男とふたりで囲む食卓で畑の野菜が大活躍です。
[2011/06/28 08:55] 手芸キット | TB(0) | CM(2)

河口湖オルゴールの森 

山梨のたくさんの庭を見て満足し夜は老舗の旅館でくつろいで
翌日河口湖オルゴールの森を訪ねました。

緑深い湖畔に佇む中世の館をイメージして作られた園内はまさにバラの見ごろでした。

1DSC_2229.jpg

エントランスホールで自動ダンスオルガンの演奏を聴いたあと

2DSC_2233.jpg

園内を散策しました。

3DSC_2237.jpg

雲が晴れたら富士山が見える絶景ポイント。

4DSC_2241.jpg

夢乙女という名のバラ。

5DSC_2247.jpg

白い壁にジャクリーヌデュプレ。
あまりの可愛らしさにコマツガーデンに戻り苗を買ってしまいました。

6DSC_2263.jpg

白樺の木陰は涼しくて・・・

7DSC_2264.jpg

あふれんばかりに咲くバラを見ることができました。

8DSC_2267.jpg

昼食に立ち寄ったお蕎麦屋さんからも富士山が見えますが
最後まで白い雲が頂上を覆ってその姿を見ることができませんでした。

9DSC_2282.jpg

このあとコマツガーデンに戻り買い求めたバラをバスに積み込み
後藤みどりさんもご一緒に大満足の山梨をあとにしました。

後藤さんはお花の先生のお宅で2泊され野山やお庭の花を堪能して帰られたとのことです。

[2011/06/27 10:39] おでかけ | TB(0) | CM(0)

ジューンベリーの木の下で*シンプリーガーデン 

雑誌「マイガーデン」に2号連続して紹介されていた佐藤春子さんのお庭です。
まさかこんなに早く見に行けるとは思っていませんでした。

1DSC_2181.jpg

コッツウォルドストーンを積んだ門柱の中に入ると

2DSC_2183.jpg

入場料400円を入れる空き缶が置いてありました。

19DSC_2217.jpg

オープンガーデンも終わりに近づいていましたが
「イギリス気分」な庭の草花が競うように咲いていてどこにカメラを向けても絵になります。

3DSC_2185.jpg

ガーデンの中ほどにシンボルツリーのジューンベリー。
真っ赤な実を枝がしだれるぐらいつけていました。

家の畑もシンボルツリーはジューンベリー・・・
ジューンベリーがこんなに大きく育つころには雑草を草花に変えたいなあ。

5DSC_2189.jpg

ジューンベリーのケーキと紅茶もいただけます。

8DSC_2193.jpg

オベリスクに絡んでいるのはスイートピーの新しい品種でラシラスロセアというそう。
ピンクの大きな花が空間に浮くように枝を伸ばして咲いていました。

6DSC_2190.jpg

フラワーベッドの縁はコッツウォルドストーンを空積みしたもの。
モルタルを使わないので虫や小動物が住む庭になるそう。

こんなに草花が生き生きと育ってきっとフラワーベッドの土はふかふか・・・

9DSC_2194.jpg

ビニールハウスの中には見たこともない草花の苗がたくさんありました。
あれもこれも持って帰りたいものばかり・・・

7DSC_2191.jpg

育てたい草花を数点選んで可愛いハンギングバスケットの下でお会計!

花が咲いていない苗でもすらすら名前を書いてポットに貼り付けてくださり
さすが愛情こめて育てた苗だと感心しました。

10DSC_2204.jpg

草花のお会計を済ませてからゆっくりガーデンを散策。

11DSC_2205.jpg

こちらは住居も兼ねたB&Bの建物です。
さわやかに目覚めて佐藤さん手作りの朝食を食べてみたいものです。

20DSC_2182.jpg

ストロベリーキャンドルのようなお花・・・

13DSC_2206.jpg

スマートな花姿の黄色い花はバーバスカムシクスティーンキャンドルズ。

13DSC_2208.jpg

優しく伸びる白い花はジキタリスの種類かな・・・

14DSC_2209.jpg

こちらはご主人作の全長12メートルのパーゴラ。
ピンクのバラはフランソワジュランビル。

16DSC_2213.jpg

野の花のような中にバラもあります。

17DSC_2214.jpg

歩きつかれたらこんなところでひと休み・・・

18DSC_2215.jpg

佐藤さんは雑誌の写真のとおり麦わら帽子に半ズボン姿で
草花の名前や育て方など丁寧に教えてくださいました。

図鑑やネットで見るだけでは味わえないぜいたくなお花の時間でした。
[2011/06/26 09:35] おでかけ | TB(0) | CM(0)

キングスウェルホール&イングリッシュガーデン 

山梨の地に気軽にクラシック音楽に触れたり演奏したりする場所をつくりたい。 
水と緑に癒される庭園をつくりたい。
食を楽しむ空間を演出したい。

こんなオーナーの積年の夢が2010年に叶いました。

その場所を知らなければ普通に通り過ぎてしまうぐらい・・・
(実際バスも行き過ぎてしまった!)
そこには外からは想像できない空間が広がっていました。

駐車場の奥の門扉を入ると石のベンチ。

ベンチDSC_2180

左手に進むとガーデンが見えてきました。

トリDSC_2094

右手には音楽ホール。

食事まで時間があったので支配人がホールを案内してくださいました。

ホールDSC_2132

楽器のオブジェもさりげなく置かれて・・・

楽器DSC_2099

中に入ると紫のアンスリウム・・・

アンスリウムDSC_2100

モーツアルトの像に話しかけるお花の先生!

モーツアルトDSC_2125

素朴な木の質感とラインの美しさが際立つ落ち着いた空間で
運転手さんを含め11人のために「アベマリア」のCDをかけてくださり
心が洗われるような歌声に感激のひとときでした。

ホールDSC_2104

そしてステージの裏に案内されて見たものは

オルガンDSC_2110

組み立てる前のパイプオルガン!

オルガンDSC_2115

震災の影響でイタリアの工房から届くのが遅れ今まさに組み立てを待っています。

オルガンDSC_2117

ホールからお庭に出て運転手さんに撮影してもらった1枚です。

記念写真DSC_2122

ホールを出てイングリッシュガーデンの見学。

14メートルのアイアンのローズウォークのバラは終っていて残念!

ローズウォークDSC_2163

ブルーやホワイトの花の向こうは沈床式フォーマルガーデン。

ガーデンDSC_2136

奥には鯉の泳ぐ池やロックガーデン。

ロックガーデンDSC_2146

こちらは清らかな水の流れ沿いの庭。

ガーデンDSC_2148

全体を見渡すとコニファーや木々の色もきれいでグリーンが多いですが
中に入ると可愛いお花もたくさん咲いていました。

花DSC_2151

ハイジの村でバラをたくさん見たあとなので落ち着いた雰囲気に大満足でした。

花DSC_2141

ランチはワインを飲みながらゆっくりイタリアン。

レストランDSC_2179

フェンネルとエディブルフラワーのサラダは美しい!

サラダDSC_2174

レストランを出るときに出会ったウサギさん・・・

ウサギDSC_2177

このあと「シンプリーガーデン」に急ぎました。
[2011/06/25 08:14] おでかけ | TB(0) | CM(0)

バラの回廊*ハイジの村 

園内に入るとまずスイスの国旗が出迎えてくれた
山梨県北杜市にある県立フラワーセンター「ハイジの村」

ハイジの村DSC_1988

みなさん大きな花車になにが植え込んであるのか興味津々・・・

花車DSC_1995

ダリアの咲く園路を歩いていると

ダリアDSC_2009

畑のダリアも咲いているだろうなあと少し里心・・・

ダリアDSC_2010

なんの花だろうと近づいて見ると

ルリタマアザミDSC_2019

家の畑にも植えているルリタマアザミ(エキノプス)でした。

ルリタマアザミDSC_2022

ライムグリーンのハリエンジュの下を進むと

ハリエンジュDSC_2013

まず目に入ったのが真っ赤なダイナマイト。

1ダイナマイトDSC_1998

これぞバラと言わんばかりに咲き誇っていました。

2ダイナマイトDSC_2005

この景色でもやっぱり目を引く赤いバラは

3バラDSC_2025

ザ・ジャズ。

ジャズDSC_2014

その先を行くと見えてきたのが日本一長いバラの回廊!

バラ回廊DSC_2029

先生を囲んでバラの話が弾みます。

バラ回廊DSC_2031

バタースコッチ。

4バタースコッチDSC_2036

ゴールドハニー。

5ゴールドハニーDSC_2055

この恐ろしいとげの枝に咲くのは

6オリーブDSC_2059

オリーブ。

7オリーブDSC_2062

フランソワ・ジェランビル。

8フランソワジェランビルDSC_2063

ローゼンドルフ・シュパリースホップ。

9ローゼンドルフ・シュパリースホップ DSC_2079

今を盛りと咲き誇るアンジェラ。

10アンジェラDSC_2084

たくさんのバラでなんとなくおなかいっぱいになったところで

ハイジDSC_2092

ハイジにさよならして「キングスウエルガーデン」に向かいました
[2011/06/24 09:47] おでかけ | TB(0) | CM(0)

憧れのコマツガーデン 

今回の旅はお花の先生とコマツガーデン後藤みどりさんとのご縁で計画されました。

明け方貸切バスで石和温泉に到着。

朝風呂と朝食のあとコマツガーデンに伺うころには
道中の雨もあがりきれいな青空でした。

お店DSC_1975

バスから降りてお店の前でもうバラに見入るみなさんです。

入り口DSC_1953

コマツガーデンはわが家のバラたちの故郷でもあります。

コマツガーデンDSC_1943

おしゃれな門の中には

コマツガーデンDSC_1946

バラの周りに草花がきれいに咲いていました。

入り口DSC_1955

どの葉っぱも生き生きと輝いています。

入り口DSC_1972

お店の入り口まで花の道を歩いて・・・

入り口DSC_1974

お店ではイギリスから帰国されたばかりの後藤さんが笑顔で迎えてくださいました。

入り口DSC_1977

雑貨や植木鉢やガーデングッズの並ぶお店を抜けると
大きな木の下にたくさんのバラたちが整然と並んでいました。

木DSC_1957

バラの苗木の周りには素敵なお庭が広がります。

ガーデンDSC_1962

奥の方にあったポンプ・・・

ガーデンDSC_1961

素敵なレンガのフォーカルポイント。
わが家の庭も広ければなあ・・・

ガーデンDSC_1963

ピンクののコーデリアや

コーデリアDSC_1959

鮮やかなオレンジのポールセザンヌにうっとりカメラを向けながらも

ポールセザンヌDSC_1965

狭い庭のバランスを考えてとりあえず3種類のバラを選びました。

このあとまったく違うタイプの4つの庭
「ハイジの村」
「キングスウェルイングリッシュガーデン」
「シンプリーガーデン」
「河口湖オルゴールの森」
を巡る旅が続きます。

しばらく山梨の旅にお付き合いください。
[2011/06/23 14:41] おでかけ | TB(0) | CM(0)

ヒメシャラの花&大人の修学旅行 

ヒューケラの葉の上に白い花が落ちていました。

ヒメシャラDSC_1891

見上げるとヤマボウシとシラカシの間でヒメシャラの花が咲いています。

ヒメシャラDSC_1900

ヒメシャラは光沢ある木肌で白い花は椿のように潔く散ります。

ヒメシャラDSC_1874

バラの枝先のヤマボウシを切って玄関に・・・
花が終わりヤマボウシには赤い実がついています。

ヤマボウシDSC_1886

実は日曜の夜からバスを貸し切って花好きなメンバーと山梨に出かけています。

年齢を気にせずかなりの強行軍かつ企画盛りだくさんな旅です。
今晩遅くには戻る予定!

どんな旅のご報告ができますやら・・・
[2011/06/21 08:52] | TB(0) | CM(0)

梅雨の中庭では 

たろうが送ってくれたフウセンカズラが芽を出し

フウセンカズラDSC_1831

アンドレルノートルがまた咲き始めました。

アンドレルノートルDSC_1928

その先のミスティーパープルもつぼみが見えてきました。

ミスティパープルDSC_1821

冬のあいだすっかり消えていた紫のカラーもいつのまにか葉を出し

カラーDSC_1901

雨続きで中庭は土が乾くことも手水鉢に水が枯れることなくジメジメ・・・

アジサイDSC_1941

そんな中庭のアジサイを切ってきて

アジサイDSC_1851

廊下に飾ってみました。
[2011/06/20 10:38] | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。